上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人が周りに認められるパターンは1つしかありません。

実力があって行いが良い人です。
この事を知っているはずなのに次の間違いを犯す人が多すぎる。


・実力があると見せかけて認められようとする。
ハッタリは別に悪い事ではありませんが、
ハッタリだけで思い通りにしようとするとイイ目には合いませんよ?

・実力が少しあるだけで認められようとする。
上には上がいますし、どんぐりの背比べぐらいで
威張るのは止めましょう。見苦しい。


実力というのが最低限必要ですが・・・
「認めてくれ?・認めろよ!」というアクションは
ウザイんです。



認められる人間はそんな愚かな事はしません。
認められようが、認められまいが、
実力を上げる為に努力をする人です。




今の実力を鼻にかけず、
今より上を目指そうとしているから認められるんです。



世間では、ちょっと実力があるからと
見かけをとりつくろって威張った感じの馬鹿が増えてますが、
マネをするのは止めましょう。
人に認められて好かれたいのならばね。


実力を上げるというのはとても大変です。
でも、みんな何かしらのちょっとした実力は持っているはずです。

そのちょっとした実力と謙虚な心があれば、
十分周りから認めて貰えるという事を知ってください。

今周りから認められていないという人の大半は謙虚が足らないんです。

人は他人の行動・言語に対して厳しい批評を常に下しています。
普段の行動・言動が悪ければ少なくと内面では軽蔑されていると思ってください。


■努力方法
ちょっと厳しいかもしれませんが、
「小学生からやり直してください」

謙虚な気持ちというのは道徳の授業です。

小学校とか中学校以外で道徳を学べる所はそんなにありません。
入学し直すのはムリでしょうが、道徳の本を手に入れるなり、アニメを見るなりして努力してください。


聖書とか大人向けの本を読むのはあまり効果が期待できません。
というのも小学生LVの道徳すらマスター出来ているかどうか怪しいと思うくらいの謙虚な気持ちを持ち始めるのが最初の一歩だからです。
スポンサーサイト
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
怒るという行為
NEW Topics
人に好かれるデメリット
怒るという行為
人に認められる人間
褒美の重要性
電話の流れ
メインコンテンツ

理解必須、はじめに。
当ブログは、 友達が欲しい!人望が欲しい!周りから認められたい!



まず、話を聞く
人間というのは、誰もが誰かに認められたいんです。



間合い
人に好かれる距離と人から嫌われる距離



声について
自分が声を発した瞬間に、 あなたの周りにいる人間の好感度が変化します。



嫌がったら引く
自分本意が強い人間のほうが圧倒的に多いんです。



電話の流れ
仲が深まるのは、電話中に相手と時間を【共有】できた時だけです。



褒美の重要性
お礼を欠かさず行っている人は、 周りの人から絶えず親切にしてもらえます。



人に認められる人間
ちょっとした実力と謙虚な心があれば、 十分周りから認めて貰えるという事を知ってください。



怒るという行為
【怒る】という行為は、うまく使えなければ人間関係がうまくいきません。



ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
最近のコメント

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。