上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

 

間合い


人に好かれる為には、
人と人との距離というの大事です。

わかりやすく言うと、
「人に好かれる距離と人から嫌われる距離」というのが存在する。

人によってその距離に違いはありますが、
だいたい、互いが手を軽く伸ばして触れ合うくらいの距離
というのが「一番好かれる距離」です。


でも、この好かれる距離というのがやっかいなんですよ実は・・・・
親しい度によっても距離が変るうえに、

この好かれる距離というのは誰もが入って良いというものではなく、
相手にとって親しい人以外が入るととても嫌われます。
親しい人だけが入って良い間合いなんです。


「当たり前じゃん!」と思われるかもしれませんが、
そう思われた方もミスする事が多いんですよ?

自分が親しい人に対して自然にとる間合い(距離)というのが誰にでもあります。

けど、その間合い=相手にとって良い間合いとは限りません。
相手の間合いに入りすぎる場合もあるという事です。

その場合、もちろんの事「嫌われます」。
それだけならまだいいですが、
問題は、「なんで自分が嫌われているのか自覚しにくい」という事。

別に相手に対して嫌がられるような事をしていないのになんで嫌われるの?
という疑問を抱く事態になりやすいんです。

相手の間合いを侵害しているから嫌われているだけなんですけどね。


それともう1つ嫌われる要因が、「しつこい」
自分本意に「自分が親しい人に対してとる間合い」を維持し続けようとしてしまうので、相手の嫌悪感はひたすら溜まり続けます。

これは、縁が切れても不思議ではありません。
ストーカー予備軍の出来上がりです。


こうならない為に、
相手に対して自分がどの距離に身を置くと相手に嫌われないのか、
というのを知らなければなりません。
まあ、近づきすぎなければいいだけなんですけどね。


■この項目の訓練方法
一番有効な相手との間合いの調べ方をマスターしてください。
とても簡単です。

相手と会話している最中に、
自分が一歩後ろに下がる事です。



そうすると、相手側が「自分に対しての間合い」を調節する為に
近づくか、留まる行動をするので

今後その間合い以上踏み入らないように努力すればいいです。



▲関連事項?
間合いというイメージは円の形と思われがちですが、
側面部分が若干狭いです。

だから相手の側面に身を置くようにすると楽に間合いがとれるかもしれません。


▲関連事項?
人によって「好かれる距離」というか
「相手に対しての間合い」についてなんですが・・・・

親しさ度で変る間合いの他に、
相手の体格によって間合いが変ります。

太っている人は要注意。
太っている人に対して多くの人は
「広めに間合いをとる」
でも、太っている人がとる間合いは通常なので
相手の間合いに入りすぎて嫌われるパターンが多いので
気をつけてください。


で、スラリと背の高い人に対して多くの人は
「間合いを近くにとる」。
ので、背の高い人は好かれやすいです。

多分、間合いの中心を頭として認識するからこうなるんでしょうね。



以上
スポンサーサイト
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
声について
NEW Topics
人に好かれるデメリット
怒るという行為
人に認められる人間
褒美の重要性
電話の流れ
メインコンテンツ

理解必須、はじめに。
当ブログは、 友達が欲しい!人望が欲しい!周りから認められたい!



まず、話を聞く
人間というのは、誰もが誰かに認められたいんです。



間合い
人に好かれる距離と人から嫌われる距離



声について
自分が声を発した瞬間に、 あなたの周りにいる人間の好感度が変化します。



嫌がったら引く
自分本意が強い人間のほうが圧倒的に多いんです。



電話の流れ
仲が深まるのは、電話中に相手と時間を【共有】できた時だけです。



褒美の重要性
お礼を欠かさず行っている人は、 周りの人から絶えず親切にしてもらえます。



人に認められる人間
ちょっとした実力と謙虚な心があれば、 十分周りから認めて貰えるという事を知ってください。



怒るという行為
【怒る】という行為は、うまく使えなければ人間関係がうまくいきません。



ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
最近のコメント

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。